このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリーは2つ

保険には、いろいろな種類があります。
たとえば、今であれば、生命保険、損害保険、第三分野保険の三つがあります。
保険と言われるものは、そのどれかに当てはまることになります。
もっとも、社会保険と民間保険もありますが、ここでいう保険は、民間保険に含まれます。
自動車保険は、そういうものの中で、損害保険に含まれます。
損害賠償が発生するような時に、保険金が支払われ、お金でもって、損害を償おうというのが、趣旨となっています。
これは、民法上の損害賠償請求規定に基づくものです。
自動車であれば、自動車事故が保険の対象となりますが、実際、加害者のみでなく、被害者との過失割合を考慮し、保険金が支払われるようになります。
過失とは、法律用語で、注意していれば、回避できたのに、それをしなかったことを意味します。
自動車事故の場合、それを数値化し、分け合うことで、保険金を算出するようになります。
また、自動車保険には、2つのものがあり、強制と任意となっています。
強制は、ドライバーであれば、必ず加入することになり、自賠責保険を意味しています。
任意は、自由意思によって、加入できるものですが、自賠責保険を補うものにおいては、非常に重要なものとなっています。
いずれにせよ、自動車保険には、強制と任意があり、強制に関しては、法律上の義務となっています。
このため、遵守しなければ、それなりの罰則があります。
任意のおいては、種々のものがあります。
Copyright (C)2017プランさまざま?!自動車保険.All rights reserved.