このエントリーをはてなブックマークに追加

任意の対人や対物

自動車事故は、対人もあれば対物もあります。
人を怪我させたり、あるいは、物を損壊させることが起きるということです。
しかし、強制の自動車保険であれば、対人賠償のみであり、なおかつ、物を損壊させた場合は保障対象とはなり得ません。
しかも、対人賠償でも、保証金額に限度があり、仮にそれ以上になれば、差し引き分を自分で支払うようになります。
そのため、任意の対人および対物賠償保険に加入しておくことが、重要になります。
対人賠償保険であれば、自賠責保険よりも、高額の保証金設定が可能です。
無制限というものもあり、こうなれば、ドライバーとしても、非常に安心感があるでしょう。
また、対物賠償保険であれば、信号機を損壊させた、あるいは、他人の家の壁を壊した、というような場合でも、保障対象となっています。
これも、非常に重要なことでしょう。
対物賠償保険でも、無制限のものがあり、高額な輸入車との交通事故でも、保証金が下りるようになっています。
現に、億単位の損害賠償が判例で認められているため、対物賠償保険への加入も、重要なものとなっています。
一説によれば、自賠責保険とともに、無制限の対人および対物賠償保険に加入することが、ドライバーとしての最低限行うべきことであるとのことです。
これもまた、非常に重要なことでしょう。
なお、無制限の対人賠償保険に加入しているのであれば、自賠責保険は無用と思うかもしれませんが、これは、義務であり、なおかつ、最初に利用されるのが、自賠責保険です。
それで足りない場合、任意の対人賠償保険が利用されます。
したがって、限度のない対人賠償を望むのであれば、セットで加入しておくのが、得策であるということです。
Copyright (C)2017プランさまざま?!自動車保険.All rights reserved.