このエントリーをはてなブックマークに追加

乗っている人を保障

ドライブが趣味である人も、多数いることでしょう。
一人でするのも楽しいものでしょうが、家族や友人たちとドライブに出掛けるのが好きな人も多々いることかと思います。
しかし、自動車保険の加入状況によっては、大いに問題になる可能性があります。
たとえば、強制の自賠責保険と任意の対人および対物賠償保険に加入していながら、家族旅行中に、自動車事故を起こし、同乗している人がけがをしても、保障対象とはなりません。
なぜなら、自賠責保険などは、対人あるいは対物が対象であり、ドライバーに関係しているものには、保険金が下りないからです。
そこで、搭乗者傷害保険が重要になります。
これは、その名の通り、搭乗している人が対象の保険です。
先の例で言えば、怪我をした家族がいても、保障対象となっています。
しかも、特約を利用すれば、医療保険のように、入院保障を付けることも可能です。
交通事故の場合、過失割合があるため、相手もまた、保険金を支払う可能性があります。
しかし、自分で自分の同乗者を守ることもまた、ドライバーには、必要なことでしょう。
また、搭乗者傷害保険に加入していれば、業務で車を使う業者でも保障を受けられます。
複数の人で、方々を巡る仕事であれば、交通事故を引き起こす可能性もあります。
そういう場合、搭乗者傷害保険が、大いに有効であると言えるでしょう。
なお、搭乗者の中には、同乗している人ばかりでなく、ドライバー自身も含まれます。
この点でも、非常に有益な自動車保険と言えるでしょう。
Copyright (C)2017プランさまざま?!自動車保険.All rights reserved.