このエントリーをはてなブックマークに追加

保険未加入の車にも

車を所有していれば、保険に加入していることになっています。
最低でも、強制の自動車保険に関しては、加入しているはずです。
そのため、基本的には、無保険車というのはあり得ません。
ここで言う保険未加入車とは、任意保険の未加入車のことです。
仮にそういう未加入の車と自動車事故を起こせば、保険金が下りないケースがあります。
自分が被害者であっても、同様なようです。
そこで、無保険車傷害保険に加入していれば、保険金が下りるようになります。
より詳細を言えば、仮に何らかの任意自動車保険に加入していても、契約している限度額よりも、実際の見積もりが大きい場合などです。
あるいは、特約でドライバーが限定されているのに、そうでない人が運転し、事故を引き起こしたなどです。
こういうケースが実際、起こり得るようです。
道路を走行しているということは、いろいろな人がいます。
ある意味、不特定ユーザーを相手にする、ユーザーサポートと同様でしょう。
したがって、色々なケースを考えておくことが、ドライバーとしても、安心感があるのではないでしょうか?
なお、無保険車傷害保険では、法律に触れるようなことでも、保障対象となっているようです。
もともと保険未加入を謳っている保険であり、そういう法律に関連する人との交通事故も想定しているのでしょう。
これもまた、不特定多数の車が、日本の道路を自由に走行していることを想定し、それから商品化されている自動車保険と言えるのでしょう。
Copyright (C)2017プランさまざま?!自動車保険.All rights reserved.